南野陽子さんを語るブログ 私の中のDiamond Smile
nanno.exblog.jp

南野陽子さん非公式ファンブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
注目!
皆さん、
いつも情報ありがとうございます!


太田漢方胃腸薬II
太田胃散整腸薬

イメージキャラクター


謝内亜運営のサイト

web刊エンタ。

発覚!謝内亜の生態

またもや発覚!謝内亜の生態

海賊版・謝内亜の生態

TVB大富日記

旧・私の中のDiamond Smile





再放送してほしい番組

「7人の女弁護士」

「一攫千金夢家族」

「銭華2 DX豪華版」
カテゴリ
最新のトラックバック
氷の華
from PoPo's Bar
本田美奈子さん追悼展 その1
from neroliのかぐわしき日々
ラジオ出演
from Nanno日記~南野陽子FA..
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「LIVE FOR LIFE 2006 in ASAKA 本田美奈子.追悼展」リポ
「LIVE FOR LIFE 2006 in ASAKA 本田美奈子.追悼展」に行ってきました。

やっぱり行っておきたかったから。

“南野さんについて語るブログ”からは趣旨が外れるけれども、南野さんにとって重要人物なので、今回はそのリポートを書いておきたいです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

朝霞駅からは歩いていきました。

駅の付近には場所を示す矢印が書いてあるポスターが貼られていましたが、それが途中で無くなり、「どこ???」みたいな感じになりました。

が、見終わって帰ってくるらしき人たちが戻ってきている様子と、これから同じく会場へ向かっているらしき人が結構いたので、何とかわかりました。

会場前ではスペシャル・フィルム・コンサートの整理券配布を待つ列が。

ぜひ見たいので並びました。

整理券をもらい、やっと中へ。

入り口から右手には、坂本冬美さん、「たけしの誰でもピカソ」、「フジテレビ制作部」からの花が。

左手にはファンの方からの花などがありました。

左からが順路で、これまでの写真や、これまでの足跡、エピソードなどが書かれたパネルなどが展示。

デビュー時からすべての会議に参加して意見を言ったエピソードや、

納得しないことはやりたくないという姿勢を読んで、

ああ、南野さんとこういうところで通じるものがあったんだろうなあ、と思いました。

レコードジャケット用などで撮られた写真、本人お気に入りの写真、舞台での写真、

マイケル・ジャクソンとラトーヤとの3ショット写真、岩谷さんとの写真、ブライアン・メイとの写真、

お母様との写真、幼いころの写真、ストレス解消の畑仕事写真などのほか、

ゴールドディスク、トロフィー、

「1986年のマリリン」の衣装、カレンダーで着た衣装、CDジャケットで着た衣装、

用意しながらも結局着る事ができなかった衣装(涙)、座っていたイス、

TV収録で使用した「つばさ」の楽譜、表紙になったオリコン、レコードジャケットなどが飾られていました。

写真では、篠山紀信氏撮影の写真もあったかな。

残念ながら南野さんとの写真は無かったです。

あとなぜか、展示されていたシングルジャケットの一部に、中古盤店から入手したものもありました。(しかも店のシールが貼られたまま)

歌っている映像などが流れたモニター、あと募金箱もありました。

入り口から右手には、グッズ販売スペースが。

公式パンフレット、公式ピンバッチ、ポスター、ポストカード、カレンダー、クリアファイル、

発売されたばかりの本2冊と、CD(先着でポスターつき)などが販売されてました。

自分は交通費ぐらいしか持ってこなかったので、何も買いませんでしたが……。

あと、公式ファンクラブの入会も募集してました!

今後もファンクラブは存続するようですね。

ご本人が亡き今、ファンクラブが唯一のファンの心の拠り所という感じがします。

2階からは「レ・ミゼラブル」出演者からの励ましの寄せ書きが吊るされていました。

2階にも少し展示物があったのですが、もともとホール中への入り口の空いたスペースを利用しているため、

狭く、並んで見なくてはならず、しかもせかされるので、あまりはっきりとは見れませんでした。

確か「LIVE FOR LIFE」の展示物、資料などとして本人が作ったテープ(一部は本人がファンにプレゼントしたこともあったとのこと。隣の人が話してた)、

私物、20周年記念の寄せ書き、

本人の書いた文章などが展示されていたような気がします。

フィルム・コンサートでは、コロムビア時代の担当プロデューサー・岡野博行氏による、

挨拶と、イベントの趣旨、担当した3年間についての話などがありました。

そしてコロムビア時代に担当したアートディレクター?の編集による50分のフィルムが上映されました。

このフィルムで何度か、ウッ……ときてしまいました。

もっともっと歌いたかったはずなのに……ね。

やはり「つばさ」は良い曲だなあ。歌っている会場も綺麗なところで、歌の世界と合ってました。

またこのフィルムコンサートの会場となった「ゆめぱれす」で行われたコンサートの映像も、インタビューともに冒頭に流れました。

フィルム最後には拍手で終わりました。

でもあんなにリアルに映像が残っていると、何だかまだ生きてるようで不思議。

もちろんファンの心には生き続けるのですが。

見に来ていた層は美奈子.さんと同年代、中年、そしてもっと高齢の方も来てらっしゃいました。

さすがに10代とか20代前半はいない感じでしたが、謝内亜の同い年ぐらいのカップルとかはいましたね。
[PR]
by dia-smile | 2006-04-23 18:51 | お悔やみ