南野陽子さんを語るブログ 私の中のDiamond Smile
nanno.exblog.jp

南野陽子さん非公式ファンブログです。
ブログパーツ
注目!
皆さん、
いつも情報ありがとうございます!


太田漢方胃腸薬II
太田胃散整腸薬

イメージキャラクター


謝内亜運営のサイト

web刊エンタ。

発覚!謝内亜の生態

またもや発覚!謝内亜の生態

海賊版・謝内亜の生態

TVB大富日記

旧・私の中のDiamond Smile





再放送してほしい番組

「7人の女弁護士」

「一攫千金夢家族」

「銭華2 DX豪華版」
カテゴリ
最新のトラックバック
氷の華
from PoPo's Bar
本田美奈子さん追悼展 その1
from neroliのかぐわしき日々
ラジオ出演
from Nanno日記~南野陽子FA..
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
夕刊フジ
夕刊フジにて掲載された「ひとりごと」が本日UPされました。
↓をどうぞ

ひとりごと
[PR]
by dia-smile | 2005-10-29 23:58
ボーナストラック
「細雪」ミニミニ・レポートのコメントに気をよくした謝内亜さん。

今回はボーナストラックとして、観劇終了後のちょっとしたエピソードをボーナストラックとして加えたいと思います。

単に書き忘れただけですけども。(笑)



さて、佐久間良子さん、山本陽子さん、紺野美沙子さん、南野陽子さんの出演舞台「細雪」が終了し、

伊東屋でお買い物をしたのち、帰ろうとしました。

駅に向かう途中にある方を目撃したのです。

んんんん?あの方は・・・・・・????


銅版画家の山本容子さんっ!!!!


あとで調べたら、山本さんは銀座のフランス料理店「ル・シズィエム・サンス」のアートプロデュースを

していらっしゃてて、どうやらそれが理由のようです。

ん?

ここで気づいた方は偉い。

ホント、偉い。

何て鋭いんでしょう!!

そう!そうですよ!!


同じ日に2人のヤマモトヨウコさんをミタ━━(・∀・)━━!!のですよ!!


舞台では女優の山本陽子を見て、銀座の街中では銅版画家の山本容子さんを目撃するなんて、なんて不思議な偶然!!

何となく得した気分でした♪

どうせなら南野さんをどこかで目撃したかったのですけど。

でもその時間は、休憩や夜の部の準備で街中にいるわけもないですね。
[PR]
by dia-smile | 2005-10-28 22:03
去年の「細雪」 ミニミニ・レポート そのとき、陽ちゃんが・・・(゜ロ゜;)
27日からいよいよ明治座で「細雪」が始まりますね。

こんにちは、今年は残念ながら「細雪」は見に行けない謝内亜です。(´;ω;`)/

今回は舞台開始直前記念として、謝内亜と同じく見に行けない方々とご一緒に、

去年のお蔵入りしていた「細雪」ミニミニ・レポで、「細雪」ヴァーチャル体験を一緒にしたいなと思います。

その前に2つ留意点がございます。

その1 このレポは帝国劇場で昨年(2004年)に行われたもののレポです。
     絶対に今年のだと勘違いしないように!!! (^_^;)

その2 最近物忘れがひどいため、ちょこっとしか覚えていません ので、あっという間に読み
     きってしまうミニミニ・レポでございます。(^_^;) 。

さてさて~始まります。


2004年6月12日帝国劇場「細雪」ミニミニ・レポ

e0023314_22263454.jpg実はこの日、風をひいていてめちゃ辛かったのです。

出そうな咳を一生懸命我慢して観劇したのですよ。(泣)

いつもそうなのだけど、楽しみにしてた日に限って風邪をひいたりする……。


それか変なことが起こったり、気持ちが何故か沈んだり。へんなの!!

だから今後、楽しみにしないように訓練しないと?!

それはさておき。

今回チケットはFCで取ったので、3列目の真ん中からちょっと右に寄った席でした。

観劇にはちょうどいいくらいのところでしょうか。

e0023314_22295042.jpg隣の席のおば様の2人連れは、開演前に一生懸命「冬ソナ」話に花が咲いておりました。

そのときはまだ地上波では真ん中ぐらいの回が放送中だったのですが、既に最終回の話してました。 (^_^;)

まあ、謝内亜はすでにBS2で最終回は見てたので問題なかったのですが。

話、脱線しましたが、そんなこんなで舞台は開始に。

四姉妹の中で一番最初に舞台に出てくるのが確か南野さんだったと記憶してるんだけど、

南野さんが登場するとかなりの感じで拍手がわいてました♪

「綺麗ねえ」なんて声や「痩せてるわ。やっぱり女優さんだから維持してるのね」なんて話してる声が聞えた気がします。
(でもなぜか紺野さんの初登場のときだけ、あまり拍手とかが無かったような気が。セリフがあったりして、タイミングでみんな遠慮したのかも)

でも皆さん、やっぱり素敵な女優さん。演技達者ですし。綺麗。

佐久間さんはそんなに背が高くないのですけど、大物感がばっちりでした。

磯部さん、篠田さんも良い演技してましたし、篠田さん、顔もそうですけど、良い声してました。

そんな中、お笑い?的な存在なのが、陽ちゃんこと、ルイルイ太川陽介さん。

南野さんとも縁のあるお方ですね。

その陽ちゃんはお坊ちゃまな設定なんですが、



何故か目の辺りが、宝塚風というか、ヴィジュアル系メイクなのです~。



陽ちゃん、す、素敵・・・っ!(゜ロ゜;)



もともと笑っちゃうようなシーンが陽ちゃんにはあるのですが、その目がさらに笑わせてくれました!

今年もそうなんでしょうか。見たい(笑)

一番南野さんが綺麗で(・∀・)イイ!!シーンは、やっぱり個展をひらくシーンだと思いました。

とっても綺麗なんですよお。:。+゜。:゜(・∀・)゜:。+。;゜

ここでも陽ちゃんが登場し、新藤栄作さんとカメラを奪い合い、陽ちゃんはカメラを床に叩きつける、もしくは放り投げる、

そんなシーンがあったのですが、ここで、そのカメラが勢い余って観客席のほうへ行ったのですよ。

カメラはもちろん本物ではなくて、くにゃくにゃしてる安全な物だったので、怪我することはないものです。

そして紺野さんと橋爪さんと2人のシーンになって。

どうも2人が舞台ギリギリまで前に来ている(より目の前で2人が見れるから嬉しいのですが)

なあ、と思ったら実は演技しながらそのカメラを探していたのです(笑)

最前列の真ん中の男性(この方、勝手にナンノファンだとにらんでますがいかがでしょう?)が

それを渡して、「あ、どうも」みたいな感じになったのが笑えました。観客からも笑いが出ましたよ!

そしてやはり最後のシーンは良かったですよ!着物も桜も!!

どうでも良いおせっかいなのですが、今年もキャスティングされてる橋爪さんや新藤さんは、

そんなに出番が無いのですが、そういう方ってギャラはどうなってるんだろう?なんて脳裏をよぎりました。

ふん、そんなの勝手でしょ~♪ですね。はい。

はあ、帝国劇場のお弁当は高くていつも買えない・・・・・・。(泣)


公演終了後の様子

e0023314_22144137.jpg公演のポスター
e0023314_2216672.jpg公演が終了し、出てくるお客様たち
e0023314_22155684.jpg帝国劇場を道路挟んで反対側から
e0023314_22203829.jpgおみやげ

サイン入りハンカチ(サインはプリントです)
テレフォンカード
写真には無いけどパンフレットも買った。
けど後で見たら、保存がいいかげんで折れ曲がってた・・・。_| ̄|○



公演終了後の様子の映像(約3MB・約11秒)
「細雪」を見るバスツアーがあったようで、集合を呼びかけるアナウンスが聞こえます。
初めて映像を取り入れましたが、何となく臨場感がありませんか?


次こそはまた行きたいです。。。。。。



今年は明治座で行われるので、間違えないでね~。(^_^)/
[PR]
by dia-smile | 2005-10-25 22:34
予告
近日中にお蔵入りしてた昨年の「細雪」ミニミニ・レポ、UPします!(・∀・)
[PR]
by dia-smile | 2005-10-24 23:21
誰も書かないねえ・・・。
誰も書かないねえ、この間の「マシュー」のこと。

みんな見てないのかねえ・・・・・・。

見た人、どうして書かないの!メッ!!

と、何故かお母さん口調をしてみたりして。

見た人、どうして書かないんだ!こら!!

と何故かお父さん口調をしてみたりして。

それとも見た人だけのお楽しみにしなきゃいけないことになってるのかなあ?

一応ちょっとだけ書いてみます。



内容はゴールデンタイムに進出するに当たり、過去に出演したお馴染みの皆さんが集まって、討論するというもの。

南野さん、木村祐一さん、奈美悦子さん、ソニンさん。

司会はマシューと丸川珠代さん。

すごい面白かった~~~~~~。大笑いしちゃったよ~~~~!

めちゃ面白かったです!


奈美悦子さんが。


南野さんもいっぱい発言してたけど、奈美さんほどじゃなかったです。

さすがですね、奈美さん。

南野さんのアイドル時代に歌番組で着た衣装について全然記憶にないから、

正しい表現じゃないかもしれないけど、

この番組での南野さんは「楽園のDoor」風の感じでした。

紫のドレスでゴージャスに。

※2004年12月30日TBS「ザ・ベストテン」で「楽園のDoor」を歌ったときに着た衣装と同じでした。※

他の人は普通の格好なんですけどね。あ、木村さんはカントリー調だったかな?

キム・ニールヤングですからね。

南野さんは「マシューは女心をわかってない」と発言。

ユニバーサルスタジオでロケしたことがありましたよね。

そのときのことなんですが。

Hard Rock CafeのTシャツをお揃いで着てるシーンがありましたが。

実は南野さんは、せっかくお揃いで買ったんだから、日本に帰ってきても、みんなで着たりしたかったらしいのです。

でもマシューは全然それ以降、そんなことが無いと。

クレア(森山中の方ね)も後でまた着てくれたのに・・・と。

そしてここである事実が発覚。

実はその後、木村さんと南野さん、そのTシャツを着て、2人で銀座でしめ鯖を食べに行ったことが判明!

木村さんがルミネに出演したときに、観客見たら、南野さんがそのTシャツを着て座ってたらしいです(笑)

南野さん。。。。。。。

いろいろなことについての討論があったわけですが、最後に「全く参考にしません!」と宣言したマシュー。

南野さんは「支度に時間がかかったのに~」とブーブー言ってました。



余談:

実はこの番組を録画したテープ、どっかにいってしまって、すごい鬱。間違って消した可能性も・・・・・・。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

早くHDD&DVDレコーダー欲しいなり。
[PR]
by dia-smile | 2005-10-22 20:43
今、聴いてますよ!
今日、良い感じに雲ってて(もっとスモーキーになったら尚最高)、今、ネットしながら、『VIRGINAL』聴いてますよ!

普段は好きな曲だけの、“チョイス聴き”ですが、今は、通しで聴いてますよ~。

ちょうど今、「黄昏の図書館」に入りました!

♪目指してた~♪
[PR]
by dia-smile | 2005-10-22 13:26
143曲各コメント 89年編 その2
書こうと思ってたことが、すっかり頭から消えて。。。
自分にとって書ききれてない不満なコメントに出来ると思うけど、それでも載せます。
思い出したら後日、足すかも。

トラブル・メーカー

昨年の夏シングル「あなたを愛したい」がすごく良かったので、この年の夏シングルであるこの曲にずいぶんと期待したのですが、曲の感じも、ジャケットも「涙はどこへ行ったの」までの路線とはちょっと違ってて、実は期待はずれだった曲。
実はこのあたりから南野さんの人気が下がっていくのを子供ながらに感じ始めた気がします。
「この曲じゃ余計に駄目だよ~」なんて生意気に思ってたなあ。

それでも聴くと89年の夏がそのまんま出てきます、この曲。あああ、懐かしい。・゚・(ノД`)・゚・。

嫌いじゃないけど、すごく好き!という曲ではないですね。
でも♪Get me~だからこそ♪の部分はすごく好きです。

斉藤由貴さんが随分早い時期から作詞をしてたので、早く南野さんも作詞して欲しいなあ、と思っていて、念願な作詞曲でした。
「アイドルが自分で作詞するようになって、アイドルソングは駄目になった」という分析をされてる方がいましたが、実はその説にもすごく納得してたりするんですが。
(これって矛盾?(-∀-;))

瞳の中の未来

頻繁に聴くわけではないのですが、好きな曲かな。
曲が「希望と夢のある世界」だからということと、南野さんの歌唱が良い感じなのと。
この曲の歌詞、好きです。希望と勇気と元気がわいてくる歌詞ですよね。

マニキュアがかわく間に

以前にも書いたとおり、このアルバムが出た年は冷夏だったのですよ。
ですからアルバム自体、寒めの夏、曇ってる夏のイメージなのです。

ですからこの曲もね。89年の冷夏な夏休みの始まり~って感じかな。
「トラブル~」とは思い出すものに若干の違いがありますが、89年の夏。
ちょっと寒いときに行ったプールのイメージかも混じってるかな。

ワクワク感が出てくる曲なんですが、アルバムの中では一番好きだし、アルバムの中で一番回数聴いてると思う。

作曲者の方、ずっと外国人だと思ってました。。。。。。(´∀`;)

それは夏の午後

この曲は、のちにL-Rとしてブレイクする黒沢健一さんの作曲なんですよね。
黒澤さんのオフィシャルのPROFILEに南野さんの名前もあります。
この曲はもっと寒いイメージですねえ。曇ってるよ、イメージだと。
そんなに好きじゃない曲だけど、何気なく口ずさんでしまう曲かなあ。
歌詞を読むと、工藤静香の「FU-JI-TSU」を思い出します。

鏡の中のエトランゼ

何だか寒い感じだし、寂しい曲ですね、これ。前向きだけど。結構、好きかな。

心の中にそっと悲しい色、一滴を垂らしていく・・・・・・そんな曲。

曲の終わりが、このアルバムのブックレット裏の夕日を背景に南野さんのシルエットが映ってる写真のイメージです。

実は「それは~」とこの曲は、2曲目と3曲目、地味な感じの曲が続くなあなんて思ってました。



ところで!!

すっかりコスモスやら、紅葉やらが良い感じになってきて、「ひとつ前の赤い糸」な感じの時期になって来てるんじゃありませんか?

ちゃんと「ひとつ前の赤い糸」聴いてる?

寒くなってきたから、「秋のIndication」「秋からも、そばにいて」もそろそろ時期なんじゃありませんか?

季節の変化とともに、南野ソング、忘れちゃいけませんですよ!

冬を感じるようになってきて、曇り空だったらまさに『VIRGINAL』日和ですな。個人的な思い込みかもしれませんが。
[PR]
by dia-smile | 2005-10-21 23:47
「踊る!さんま御殿!!」
「踊る!さんま御殿!!」 ・・・・・・。

やっぱりこの番組は当たりはずれがございますね。

衣装は何だか、授業参観に来たお母さまって感じでした。。。個人的には。



「世界ふれあい街歩き」は忘れました。
[PR]
by dia-smile | 2005-10-18 23:13
秋元康と。最終。
ここで恋愛相談ハガキ。
「ナンノさんは、恋愛経験豊富な大人の女性ですから、恋愛相談が来てますよ」
「ふんっ」
かすかに笑うスタッフの声。
ここで恋愛話に話が。
秋元さんの分析にうなづく南野さん。浦島太郎状態になってしまったと話す南野さん。
「ナンノの場合の問題点は、“あたしは年内に子供を産む”とか、“年内”とか、
男もちょっと焦るんじゃないすか?」
「や、別に殿方にそんなこと言わないですよ~」
「殿方言うな(笑)」
「男の方にそんなこと言わないですけど、ね」
「でも、思いとしてはあるでしょ?」
「思いとしては、だって、だって、だって、それも若い頃はただ言ってるだけで、
本当に思ってなかったりしたときもありました、23歳に結婚してとか思ってなかったけど。
でもこの歳、もういろんなタイムリミットが(笑)ね?やっぱ子供を産むっていうこととかを
思ってる人だったら~やっぱホント、ここ1、2年で自分で答えを出さないといけない・・・」
「でも、いい人がいなかったらしょうがないじゃないですか」
「ん?」
「いい人」
「しょうがないけどね、ホント、ハリウッド女優さんみたいな考え方にちょっとなりつつあるよね」
「もうとにかく産んじゃおうと」
「とかね、なんか産むのが無理だったら、養子みたいな?わかんないけど~」
「もっと肩の力を抜いて恋愛したときにふっと現れますよ」
「でもねこの間、江原さん・・・」
ここで「オーラの泉」で「50歳で」と言われたことを話す。
「で、ちょっと、言われてほっとした部分もあるの。やっぱりな♪って」
「でもナイスですね。
“Mature style”(番組名)のゲストとして、ホントにもうリスナーに元気を与える、勇気を与える
(笑)何で何で?!ここにも駄目がいるじゃないかって?(笑)そうなのよ、あたしら、あたしのお友達とか、あたしの周り、同年代、駄目ばっかり。駄目って事無いですけど、結婚もしてないね、年齢だと、天海祐希ちゃんなんかもまだお嫁には行ってないし~。あっ、そう、秋元さんとね、今日一緒に来てた久美ちゃんも、結婚して無いでしょ?」
「うん」
「駄目ねえ」
「みんな美しい天海、ナンノ、磯野久美子。やっぱりね、みんな美女達はなかなか結婚しないんじゃないすか。
やっぱり選ぶ要素が多すぎると踏み出せないんだと思うんですよ。
よくね、この“Mature style”を聴いてる女性もそうだけど、“あたし結婚できないんですぅ~”って言う人、いるじゃないですか」
「うんうん」
「結婚できないんじゃないですよ、結婚しようと思えばできる、する人はいっぱいいるのに選んでるからしないんですよ。誰でもいいからしたいというんだったらできるわけじゃないですか」
「そうかな~。まあそう、選んでるのかな?そういうことでちょっと自分をね、焦るなって言い聞かせたい部分はあったりしますけどね」

ここでハガキの内容で、合コン話に。南野さんは行ったことないそうです。
秋元さんに合コンで感じ悪いタイプだと言われ、 (^_^;)
「(笑)わかんない、合コン知らないけど~、でも感じ悪いタイプ、ちょっと好き。
なる可能性は大有り」と返してました。
打ち上げでも最後までだらだらいるタイプだけど、おちゃらけたゲーム、下ネタ系は
わざと思いっきり引いてしらけさせちゃうそうです。
秋元さんから大人の女性の合コンのありかたについてアドバイスが。
「隙が無い女性って駄目なんですよ。ナンノはどちらかというと、隙が無いっていうか、
ちょっと怖い感じで、バリアを張ってるような感じがするんですよ。
そこにちょっとどっか隙を作ったほうが良いと思うんですよね」
「う~ん。よく言われます」
「例えば、雨が降ってるときに、なんか傘持ってないみたいなさ。ね?
(中略・そこで男が送っていきましょうか?って声をかけられるのに・・・)
でも多分、僕はよく分からないけども、ナンノは折りたたみ傘を出すタイプなんですよ(笑)
そこでおもむろに(笑)」

(笑)いった~い!うん、折りたたみ傘ねえ、2年にいっぺん新調する(笑)
「それもさあ、すごいさあ、そういうとこなんか主婦っぽいっていうかさあ、
多分、ナンノさんはそこのところにくるまでに天気予報とか見て、ああ今日、降水確率、
じゃあ持っていくかなあ、とかっていう用意周到さが恋を止めるんですよ。
恋はね、アクシデントだから、ね?できるだけ用意しないほうが恋は上手くいきますよ。
これ良い、今日良い言葉ですよ~。
僕ねえ、撃つ対象がいると、非常に恋愛論を語りやすいんですよ
ホントですか?じゃあこれから私、毎日ここ座ってますよ。この方の代わりに。
この笑ってる方の代わりに


-中略-

「確かに私は荷物いっつも多くてね。中からティッシュ~?それも分けてるわけ。
ね?鼻かんでもいい柔らか~いティッシュと~そうじゃない、下とか拭いちゃうようなね、
吸収の良いね、ティッシュとかね。ハンカチもそうだし、ハンドクリームから、毛抜きから
いろんなものをね。駄目ですね。母親みたいって良く言われるもん」
「あっ、それが駄目なんだよ。男のほうが甘えちゃうわけじゃないですか。ね?
ナンノさんのほうが甘えるような状況をつくらないと駄目だと僕は思いますよ」
「そうですね~」
ここでナンノさんの出演部分は終了。
番組開始6分頃に登場し、トークの合間にも南野さん以外の洋楽が流れたり、
この後、秋元さんお勧めの店紹介コーナーなどがあったりしたので、55分の放送時間のうち、
トークの部分だけだと実質30分も無いです。

番組最後に秋元さんは、
「不思議な人ですね。ホント正直でですね、そこまで言っていいのか?
それじゃ“汚れ”じゃないかと。
そこまでずばずば言っちゃマズいんじゃないですか?
もうね、相変わらず綺麗だし、素敵な女性なのに、サバサバして。
多分、あのサバサバがですね、男はちょっと踏み込めないんじゃないかなあ。
もうちょっとこう、粘着質な感じがあれば、彼女も素敵な恋が出来るんじゃないかと
思いますが。
非常に南野さん、面白いんで、この番組で彼女の恋の行方を追い続けたいと思います」と番組をしめていました。

これ、書くのに2時間もかかった・・・・・・。 (^_^;)MP3プレイヤーが使いづらくて。
もうやらない。
婿行く(笑)
[PR]
by dia-smile | 2005-10-15 16:36
どうだったんだろう?
「細雪」の会見。

ワイドショーで流れたの?

テープ入れ忘れて、何も録画できなかった・・・。(~_~;)
[PR]
by dia-smile | 2005-10-15 01:04