南野陽子さんを語るブログ 私の中のDiamond Smile
nanno.exblog.jp

南野陽子さん非公式ファンブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ブログパーツ
注目!
皆さん、
いつも情報ありがとうございます!


太田漢方胃腸薬II
太田胃散整腸薬

イメージキャラクター


謝内亜運営のサイト

web刊エンタ。

発覚!謝内亜の生態

またもや発覚!謝内亜の生態

海賊版・謝内亜の生態

TVB大富日記

旧・私の中のDiamond Smile





再放送してほしい番組

「7人の女弁護士」

「一攫千金夢家族」

「銭華2 DX豪華版」
カテゴリ
最新のトラックバック
氷の華
from PoPo's Bar
本田美奈子さん追悼展 その1
from neroliのかぐわしき日々
ラジオ出演
from Nanno日記~南野陽子FA..
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
143曲各コメント 91年編 その1
夏のおバカさん

急激にメディア露出も、そして南野さんの人気も低下していた時期の中での、待ちに待った新曲でしたね、当時。
でも楽曲的にも、ヴォーカルスタイルも、衣装も何もかもが昨年と違っていたので、動揺。
前年より何歳も大人になってしまった感じ。
歌はすごく続けていって欲しかったけれども、セールス的にはもう駄目なんだろうなと、オリコンを見なくても感じていました。残念ながら。

歌詞の内容は事情が異なるものの、「サマー・フレグランス」と良く似ていますね。
以前、彼と来た場所に今度は一人でいる・・・・・・という。

まあ、好きな曲のほうに入る曲かな。すぐに終わっちゃうのがちと物足りないかも。

Mステでのパフォーマンスはすごく良かったのですが、これまでの出演映像が次々と流れて、「これが最後の出演なのかな?」と寂しくなったことも。

ヴォーカルスタイルの変化は動揺したけれども、歌唱力は格段と向上していますね。(^^)

Lonely Blue

「おバカ」よりも好きかもなあ。
海のイメージ。
でもジャケット写真のイメージからか、『GLOBAL』のカリブの海ではなく、湘南の海のイメージですね。湘南だから、この年の秋に出演した「季節はずれの海岸物語'91秋」のイメージも勝手にありますね。
聴くと青く静かな湘南の海が広がるのです。

歌い方も好きです。

終わり感があるのが寂しい。歌をやめてしまいそうな。

秘密

セクシーな曲。まさに大人の世界。
でもこの世界についていけるほどファンはまだ、南野さんを「大人の女性」として見て無かった気がする。良く出来た曲だと思うけど。

飛ばしちゃう曲かも。 (^_^;)

8月の風

歌い方は好きだし、ときどき口ずさんでしまう曲ではあるのですが、好きかと訊かれると微妙。 (^_^;)
TVでも披露したし、南野さん的には「気に入ってる曲」みたいですけどね。

あの日

すごい好きな曲。正直飛ばしちゃう曲が多いこのアルバムの中で、あまり飛ばすことのない曲のひとつですね。

実はこの曲、「堕胎」の曲だったとは、随分後で気がつきました。
♪3人での生活~♪の部分は、“このまま2人で長く一緒にいればいずれ結婚し、子供が出来て。。。。。。っていうこともあったかもね”と歌ってると解釈してたりして。
当時は中学生でしたからまだそれ以上突っ込んで理解することが出来なかったのです。まさか・・・・・・ね、という気持ちもありましたし。

テーマが重いし、南野さんのパブリック・イメージとは全然違う曲だから、あまり評判の良い曲ではなのかもしれませんが、テーマといい、歌詞の出来といい、曲の感じといい、すごく良い曲だと思います。

どうせ話題になったなら、もっとPRして売り上げにつなげていくしたたかさがあっても良かったかもと思ったりして。意図した取り上げ方では無かったけどねえ。

コンサートで歌ってないから、歌っている映像が無いのが悔しい!
[PR]
by dia-smile | 2006-02-26 12:29
♪夕暮れせまる~♪
しょこたんが、「接近」を聴いてる!!(^∀^)
[PR]
by dia-smile | 2006-02-26 10:56
来たで~。
FCから舞台の手紙来たで~。

多分、今回は行きます!

あと、FC通販の“南野さん韓流写真”(←勝手に名づけた (^_^;) )も届きました!

大きい写真だと勝手に思ってたら(←会報をよく読んでない人)、普通サイズでした。
[PR]
by dia-smile | 2006-02-24 19:19
143曲各コメント 90年編 その8
耳をすましてごらん

好きな曲。アレンジも好き。(^^)

本田路津子さんのヴァージョンは「歌の大辞テン」で聴いたことがあるような気が。

思いのままに(New Version)

以前にも書きましたが、アレンジが大げさすぎて聴くのがおっくうになるヴァージョン。
オリジナルのほうが自分は好みです。

Kissしてロンリネス

ビーイング本格的参入曲?で、南野さん、現在のところ最後(泣)のオリコンTOP10入り曲。
実はTOP10入りしないんじゃないかと心配してたので、9位に入っていたのを確認したときは嬉しかったです。

この曲、CMソングでしたし、キャッチーだからセールス以上に浸透していた気が(勝手に)します。ファンじゃない同級生が口ずさんでいたのを目撃しましたし。
もっと力入れてプロモーションすればもっと売れたかも???

この曲を歌う南野さんはあまりニコリとしなかった印象があるのですが、それがクールでカッコ良かったです。クールビューティー風味?
衣装も個人的には好きでした。

あっ曲も好きです。南野さんの歌い方も好きです。
♪本当じゃない~♪♪止めないで~♪などの部分が好き。

唯一のライブ映像がメドレーで、フルのが無いのが残念。(ノ_・、)

ちなみにあまり流通してなかったようですが、ブックレットがついていない“通常盤”も実は生産され存在しています。(ジャケ写は表も裏も限定盤と同じものですけど)

DEAD END

ジャネット・ジャクソン風?!(笑)
『janet.』以前の80年代のジャネットの曲ってこんな感じのアレンジだったような。

曲としては好きではないけれども、歌い方は好き。
去年末くらいに良く聴いてました。


南野さんにはまったく関係ないけど、
野宮真貴さんのエキサイトブロガー限定プレゼントに応募しよう~と♪
運無いから当たらないだろうけどねえ。
[PR]
by dia-smile | 2006-02-23 17:36
143曲各コメント 90年編 その7
想い出になったから

かなり好きな曲。シングルカットして欲しかったくらい。
イメージとしては夕日の帰り道。何だか切ない曲だねえ。(ノ_・、)
南野さんの曲としては意外な曲が多いこのアルバムの中では、これまでの南野さんのイメージな曲だと思うので、とっつきやすかったんじゃないかと思います。

ただ終わり方は嫌だなあ。エンディングの終わり方。
サビの繰り返しでフェイドアウト・・・・・・っていう終わり方にして欲しかったです。

南野さんのように「あの頃に戻りたい」と思ってしまうけれども、これを聴くと二度と戻れないんだなあと、気がつかされてしまう曲です。

Maria

7分以上の大曲!!南野ソング史上初の長さ?
でもアルバム最後の曲ですし、歌詞の感じとか曲調からみても、7分くらいあって良い曲だと最近では思います。
イメージは夜。
好きな曲。飛鳥さん、南野さんに良い曲書くなあ~と思う今日この頃。
南野さんの歴史が歌詞になったような感じがして。
ホント、アルバムの〆に良いですねえ。アルバム、終わっちゃった・・・・・って感じがする。うん。

へんなの!!

今井美樹も爆笑した?PVが伝説ですよね。 (^_^;)
あれはあれで楽しくて、良いのですけど。

アルバムのシングルカットって、日本ではあまり一般的でないし、強力なタイアップがあったり、本人によほどの人気がある時期、よほどの人気ある曲、良い曲じゃないとヒットしないんですよねえ・・・・・・。正直シングルカットしてもヒットは難しいと思ってました、当時。
南野さんのファンでも、先に出ているアルバムを買った人でシングル買った人ってよほどのコアなファンか、カップリングを聴きたい人か、だったんじゃないでしょうかねえ。(そういう自分は買っちゃった人だけど)
インパクトがある曲ではあるけれど、シングルカットするほどの良い曲かどうかは。。。。。。ねえ?
リリースペースも早いし。リリースペースって短すぎてもだめ、空き過ぎてもだめで難しいんですよねえ。レコード会社ってときどき読み間違えるけど。

「夜ヒット」の衣装は同級生とかには不評でした。

思い出を思い出さないように

アレンジは何となくまあまあだけど好きな曲ではないです。
歌詞の主人公の気持ちはすごくわかるんですけどね。
[PR]
by dia-smile | 2006-02-21 20:45
143曲各コメント 90年編 その6
へんなの!! -Gather Version-

シングルとの最大の違いである、2番のサビで左チャンネルから♪変変~変変~♪と出てくる部分は、再生機器やスピーカーによってよく聴こえると場合とそうじゃない場合がありますね。

安息の午後

好きな曲♪
当時、友達と音の世界にぐ~っと入り込むことを「めりこむ」と表現していたのですが、まさにこれは「めりこむ」曲。
音の作り方やアレンジの仕方、歌詞の表現も優れているせいか、この歌詞の世界が聴きながらちゃんと浮かんできます。

でもね、謝内亜のイメージは聴いていくうちにちょっとアレンジが入っちゃって、やや歌詞とは違う世界に変わっちゃってるんですけども。

小さなボート、霧がかった湖・・・・・・。
イメージする湖はちょっと小さくて、暗くて、どちらかというと沼に近いかも。
あまり綺麗じゃない湖だけれども、誰も来ない。
主人公は恋人をあやめ、そして2人は湖の底へとボートとともに沈んでいくのです・・・・・・。

あなたのイメージはどんな世界ですか? 

でも小さなボートと、湖って、何だか映画『13日の金曜日』でも出てきたシチュエーションのような?
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

南野さんのヴォーカルもウィスパー入って素晴らしいです。(^∀^)

パルファム

怪しげなアレンジは好きだけれども、曲自体は微妙。嫌いではないけれども。
[PR]
by dia-smile | 2006-02-17 22:22
春が近いねえ……
e0023314_1256840.jpg
この曲、そろそろぴったりな時期じゃないですか?

e0023314_12563533.jpg
これ聴いて、何だか泣きそうになってしまった……。 (^_^;)

[PR]
by dia-smile | 2006-02-11 12:57
見た見た!(^∀^)
狙っていた「永久保存版!みんなで歌おうアニメソングカウントダウン2006」を見たら、太田胃酸ⅡのCM、2ヴァージョンとも続けて流れた~♪

もう嫌って言うくらい流れて欲しい!

ちなみに本日の「しょこたんぶろぐ」の記事のタイトルに「吐息でネット」が!(^^)
以前、「ガーランド」っていうのもあったけど、それも南野さんの?(^^)
[PR]
by dia-smile | 2006-02-07 21:07
143曲各コメント 90年編 その5
『スケバン刑事』の映画化のニュースが日本列島の南野ファンを揺るがせましたが(笑)、太田胃酸ⅡのCMもいよいよ流れるということでワクワク♪

誘惑のサタデーナイト

南野さんをイメージして書いた曲なのだということがよくわかる曲ですね。
歌詞の主人公が南野さんっぽいもん。

好きでも嫌いでもない曲だなあ、自分の中では。
コンサートでは盛り上がるタイプの曲ですよね。

91年頃までかな?日本テレビで、放送される番組を女子アナウンサーが紹介する番組があったのですが、その番組になぜか「O-Jaws」とこの曲の演奏部分が一部だけ使われてました。(残念ながら歌唱部分は一切使われず)覚えてる?

ダブルゲーム -Gather Version-

♪恋人の♪の部分が♪こえびとの~♪って聴こえる。

シングルのほうが好き。
全ての違いはわからないけど、ヴォーカルなどのエフェクト(っていうのかな?言い方がわからん)のかかり方がちがうのです。
シングルではヴォーカルなどが浮き出してくるような音(って説明しかできん)にしてるんだけど、こちらのは無難な感じに仕上げていますね。
[PR]
by dia-smile | 2006-02-06 21:30
143曲各コメント 90年編 その4
『Gather』の曲って人気ないのかなあ?あまり反応が無いぽ。

今日、無性に南野さんのシングルA面を発表順に聴きたくなって、今聴いてます。

元気でた!(・∀・)

南野さんのヴォーカルには魔力があるね、きっと。(^^)

ファンにしかわからない輝きと至福に満ちた世界がそこにはあるよ!



うつむきかげん

良い曲とは思いますが、好きではありませんねえ。。。。。。
ちなみに謝内亜自身はタバコは一切吸いません。(←余計な情報)

O-Jaws

好きか嫌いかは別にして、この曲は90年の夏を思い出しますねえ。
コミカルで可愛らしい曲だとは思いますけど、あまり好きじゃないかも。
でも南野さんにはあってる曲だと思います、うん。
[PR]
by dia-smile | 2006-02-03 22:26